シースリー(C3)千葉店は肌を炎症させるようなことはしません!

肌を炎症させた昔の脱毛法と今の脱毛法の違いとは。

肌を炎症させた昔の脱毛法と今の脱毛法の違いとは。

今は脱毛についての正しい知識がどこでも手に入ります。また、脱毛サロンも充実しているので、脱毛してトラブルを抱えているという人は少ないですよね?しかし、19世紀頃の脱毛は、私達の想像を絶するぐらい怖いやり方でした。

 

その時代の脱毛は肌に硫酸を塗ったそうです。また、脱毛した後に針を毛穴に刺して、肌を炎症させて永久脱毛をさせていたそうです。なぜ肌を炎症させなきゃいけなかったというと、毛穴をふさぐためです。毛が生えてくる場所がなかったら、永久に脱毛できると考えられていました。そして、肌のトラブルが絶えませんでした。

 

こういった方法で脱毛するなんて、今の私達だったら間違ったやり方だというのは誰もが分かります。硫酸を塗ったり、毛穴に針を刺すなんてさぞ痛々しかった事でしょう。想像するだけで怖いです。

 

間違った方法で脱毛をするのは、なにもこの時代だけではありません。私達だって、自己処理でムダ毛をなくそうとしています。その結果、肌トラブルになっている人もいます。間違った方法じゃなくても、自分でムダ毛処理をすると肌のトラブルを引き起こしやすいです。
だから、脱毛するならば脱毛サロンでしっかりと脱毛した方がいいんじゃないかなと思いました。

 

 

↓↓月額7000円で全身脱毛?はコチラ↓↓

ホーム RSS購読 サイトマップ